アレキサンドライトレーザーでの脱毛回数は?

医療機関での脱毛、最近ではエステサロンの脱毛が非常に安くお手軽に受けられるようになったこともあってか、医療機関でも比較的施術を受けやすくなってきたのではないかと思います。

医療機関での脱毛は、基本的にレーザー脱毛になりますが、その中でも3種類のレーザーがあることは、既に知っている人も多いのではないでしょうか?
3種類とは、アレキサンドライトレーザー、ダイオードレーザー、ヤグレーザーで、それぞれがどんどん脱毛の効率化やお肌へのダメージを減らす工夫をして、新しい機種を開発しています。痛みの軽減や施術時間の短縮化などの改良に伴う変化は、医療機関でのレーザー脱毛が受けやすくなってきた原因の一つにもあげられるのではないかと思います。

さて、そんな中で、当初針脱毛が主流だった中、レーザー脱毛機として日本に導入されたアレキサンドライトレーザー。日本のレーザー脱毛の歴史はアレキサンドライトレーザーと共にある。といってもよいのではないかと言われ、主として使われてきた種類のレーザーでもあります。
最近は、ダイオードレーザーの改良版なども出てきていますが、アレキサンドライトレーザーでの脱毛はどのような感じでしょう?

アレキサンドライトレーザーで脱毛処理をした場合の回数はどのくらいになるのでしょうか?

脱毛をする際の部位や満足度にもよりますが、例えばわきの脱毛を完全に産毛もない状態まで処理をしようとすると、7回~10回くらい通う人がいるそうです。
そもそも、レーザーは黒い毛に反応しますが、毛にはサイクルがあり、しっかりと生えている状態から、徐々に弱くなり、抜け毛となって、しばらくお休みをする休止期になります。
この休止の状態の毛根にはレーザーは反応しません。
ですから、毛が生えてくるまで待たなければ処理ができません。
そうなると、最初の数回で見えている毛や生え始めている毛を処理して、一定期間を空けて次の処理。となりますので、長い人では2年くらいかかるかもしれません。
しかし、足などは一回の処置で満足する人もいるそうなので、必ず何回と回数が決まっているわけではないですね。

だいたいは2回くらいの処理で7割~8割の毛が減少するということなので、見た目にすっきりすることは間違いないです。
エステサロンと比較をすると、永久的に毛が生えなくなるという点まで含めると、医療用レーザーでの脱毛処理が期間的にも短く終了します。

あとは、痛みや通い易さで検討してみると良いと思います。

コメントは受け付けていません。