アレキサンドライトレーザー脱毛の効果のほどは?

レーザー脱毛の一つであるアレキサンドライトレーザーという方法です。
レーザーは黒い色素(メラニン)に吸収され毛根のみを破壊するという目的で照射されています。黒い部分に吸収される事を考えると周囲への皮膚が黒くない限りはダメージは少ないと言えます。
レーザー施術時は冷却ガスをあて皮膚表面を保護しながらとなります。皮膚表面に傷を残さないため、安全に脱毛をする事が出来ます。
ジェルを使う方法に比べて、脱毛する際何かを塗られるというのが不快という方におすすめです。

この方法は刺青治療に使用されていたという経緯があります。刺青は皮膚下に色素を入れるため、コレを除去するために使用されていたのですから効果は期待出来ます。
メラニン色素に有効な波長を出すため、その他(シミやそばかす、ニキビ跡)にも効果があるとされています。
加えて肌の促進代謝を活性化し、開いた毛穴の引き締めの効果もあります。

効果を比べるとしたらダイオードレーザー脱毛とはどうか?となるでしょう。
一般的にアレキサンドライトレーザーに比べてダイオードレーザーは高い出力で施術する方法なので、細い毛や産毛等にまで効果があります。
そういった部分で考えると、普通の毛は抜けるかもしれませんが完璧な脱毛を目指すのであれば、アレキサンドライトレーザーは少し効果が落ちると言えます。
とは言え、レーザー脱毛である事は間違いないため自宅で施術する素人の方法よりは格段に効果的ですね。

ムダ毛の原因となる毛根や毛乳頭に直接働きかける方法であるため、レーザーによる脱毛は全般的に長期間効果を感じられるでしょう。

部位による効果も変わってくるでしょう。
例えばこの方法を顔の脱毛に施術するのであれば、効果は薄いと言えます。なぜなら顔は産毛が多い部位であるからです。
部位による効果が脱毛方法そのものの差にもなってくるため、施術前には専門家に相談が必要となります。せっかくお金を出す訳ですから適宜判断出来る知識を持っていた方が良いでしょう。

効果を考える前に、どの部位をどれだけ脱毛するのかを考えてから相談に行かなくてはなりません。
後から調べて効果が薄いと分かっていたのに、顔の脱毛にアレキサンドライトレーザー脱毛を進められては元も子もありません。

コメントは受け付けていません。