月別アーカイブ: 12月 2015

アレキサンドライトレーザーによる顔の産毛処理について

生活するうえで、常に人に見られる顔。
ムダ毛が多く、顔の産毛も濃い方は特に、毎日のお手入れ大変だと思います。
それでなくても、毎日メイクして出かける女性にとって、その手間が省ければ嬉しいですよね!

最近では、エステサロンや美容クリニック等での脱毛が非常にリーズナブルで受け易くなっています。
格安のコースなどもありますが、顔については別枠のところが多いようですね。
それでも、顔の産毛を処理したい人は増えていて、色々と検討していると思います。

気になるのは、永久脱毛。
美容クリニックなどの医療機関で行なわれる、医療レーザーによる脱毛処理です。
レーザーには種類があり、産毛にはヤグレーザーが使われることが多いと聞きます。
しかし、脱毛の効率などの面から、他のアレキサンドライトレーザーやダイオードレーザーでも顔の産毛の処理を行なうクリニックは多いようですね。

アレキサンドライトレーザーとダイオードレーザーを比較すると、レーザーの照射域は、アレキが755nm、ダイオードが800nm、810nm、ヤグレーザーは1064nmとなっており、アレキとダイオードはそれほど大きく差がありません。
この深さは、毛の毛根に届くかな、というくらいの距離で、ムダ毛の元になる毛根の細胞を破壊するのに効果が高い深さだそうです。

また、アレキもダイオードも、濃い毛に反応し易く、普通のムダ毛処理には適しているのですが、産毛に関してはレーザーの出力が高いため、反応しにくいという話が多いです。

でも、アレキで顔の産毛を処理してくれるクリニックは意外と多いようです。
アレキサンドライトレーザーは日本にレーザー脱毛が輸入されたときの機種で、今でも日本でのシェアは一番だそうです。
その信頼と安心面から、使用され続けているんですね。
アレキで顔の産毛処理を行なった方の意見を見ると、しっかりと脱毛できて、その後、毛は生えてこない。
肌のトラブルもなかった。など、良い意見もあります。
痛みに関しては個人差もあるので、一概には言えませんが、アレキとダイオードでは痛みの種類が違うようで、アレキはゴムで弾いたような痛み、ダイオードチクッと針や爪を押し当てられた痛み、と表現する人もいます。
ダイオードは施術時に冷却のためにジェルを塗布する必要があり、苦手な方もいるかもしれませんし、肌が弱い人は肌荒れなども心配ですよね。
アレキはレーザーを照射する際に、同時に冷却ガスを噴射してくれるので、ジェルを塗る必要はなく、その分施術時間も短縮できます。

好みもあるかと思いますが、アレキでの顔脱毛も十分出来るという事です。
各クリニックの情報を集めて、自分に合った施術を行なうのがよいでしょう。

ちなみに、医療機関でのクーリングオフは出来ないそうなので、契約してからやめるとお金のムダになるかもしれません。事前の検討はじっくりしてくださいね。