月別アーカイブ: 7月 2015

産毛の脱毛にアレキサンドライトレーザーは効果があるか?

医療用レーザー脱毛の機器として、アレキサンドライトレーザー、ダイオードレーザー、ヤグレーザーの3種類があります。
それぞれに特性があり、クリニックはその特性を肌や毛質に合わせて選び、施術を行うことが多いです。
一般的に、アレキサンドライトレーザーとダイオードレーザーは、濃い毛や一般的な毛に有効であり、肌の色が濃い人には不向きです。
ヤグレーザーは、産毛の処理や、肌の色が濃い人に有効といわれています。
また、アレキサンドライトレーザーは産毛に効果がなく、ダイオードレーザーは産毛にも効果を表す
といった話をよく聞きます。

では、本当にアレキサンドライトレーザーでは産毛の処理は出来ないのか?

まず、日本医学脱毛協会では、アレキサンドライトレーザーとダイオードレーザの効果について
それぞれに特性があるので、どちらに産毛に効果があるとかないとかは言えない。という意見です。
同じ出力で施術を行えば、効果は変わらない。という見解です。

そもそも、アレキサンドライトレーザーがい産毛に効果が無い、と言われる理由として
強い出力でムダ毛の処理が出来る。ということは、濃い毛に働きかけやすい。
逆に、強い出力では産毛に効果が出にくい。と言うことです。では、出力を調整してはどうでしょう?

クリニックによっては、アレキサンドライトレーザーを用いて、産毛をきれいに処理できた。というところもあります。
たしかに、濃い毛はよく目に付きますし、なくなるとハッキリと効果として見えますよね。
産毛は、無くなるまでに時間もかかるし、見た目にもパッと効果を表すわけではないので、なかなか処理が進まない。い、もしくは効果が無い。と言われても仕方が無いでしょう。

根気強く処理を続ければ、「産毛が無くなった」と言う話もありますし、簡単に判断するのは良くないかもしれませんね。

産毛がなくなると、見た目の印象も変わり、肌の色が明るく見えます。
レーザーで処理をして、永久脱毛できるならうれしいですよね。

アレキサンドライトレーザーは肌の色が黒い人には適さないといわれています。
レーザーが黒いメラミン色素に反応するため、色が黒いと過剰に反応するので、皮膚にヤケドを負う可能性があります。ですが、その為に、濃い色の毛には効果をハッキリ表してくれます。
そのため、薄い色の産毛には効果を表しにくい、というのが結論です。
効果がないわけではないけれど、他のレーザーの方が効果は現れやすいということですね。
クリニックに相談すると、きっと良いレーザー機器を選択してくれるはずです。

それぞれに効果の違いはありますが、あせらずゆっくり脱毛の施術を受けて、きれいなお肌になれると良いですね。